ぷるん美容まとめ

主に美容に関する商品のレビューや、ダイエットについて書いております(^O^)

メイクをパーツごとに分けて自分流のナチュラルメイクを解説してみた

メイクは女性にとって、社会で生きるために最も重要なツールだと思っています。

なぜなら、メイクは女性を美しくみせてくれるし、自分に自信も持てるし、結局人間は第一印象は「顔」が一番記憶に残りますからね。

 

わたし自身メイクは好きです☺️

メイクをしている過程も好きだし、実際ノーメイクよりも自信がでます!行動力も上がります。

気持ちが自然と上向きになるんですよね、不思議ですね(´ー`)

 

今回は、メイクをそれぞれのパーツに分けて、自分流のナチュラルメイクの方法やポイントをまとめていきます。

メイクのプロなんかではないので、あくまでも個人的な意見ととらえてください。

ベース(肌)

まずは土台となるベースです。まずメイクはベースから始まります。

わたしは、あまりガッツリ仕上げたくはないけど、それなりにニキビ跡とか毛穴とかをカバーしたいので、リキッドファンデーションを薄く塗ってベビーパウダーをはたいて終わりです☺

リキッドファンデーションを塗り終わったあとにティッシュオフすると余分なファンデを落としてくれるので崩れにくくてオススメです。

最近は、韓国の下地を使っています。

詳しくはこちらの記事を見てください。

アイブロウ(眉毛)

眉毛はナチュラルに見せたいなら、やっぱり自眉を大切にすることです。

わたしは元々眉毛が薄く、以前全剃りをしたために眉毛がより無くなってしまったので、こちらの商品を使い始めていま眉毛を生やしている最中です。

それでも自眉が自分の理想通りに生えてくれないこともありますよね。

そういうときは、眉尻のほうで調整してください。

とにかく眉頭はあるほうが断然ナチュラルに仕上がります。

眉頭はパウダーでフワッと乗せるだけにして、あまりしっかり描かないのがナチュラルな眉毛に見せるポイントだと思います。

アイブロウで優秀だな~と思うのは、KATEです。

アイメイク(目)

わたしの目の形はツリ目なんですけど、目尻の方に下がり気味の影ができています。

影がある人はその陰に沿ったアイメイクをすると自然に見えます。

アイシャドウの濃い色は目尻側に重点を置く感じで☺

わたしが愛用しているルナソルのスキンモデリングアイズは、日本人の肌に合った色味ですごくナチュラルなのでフォーマルにもカジュアルにも使えるし、グラデーションがどの色をあわせても綺麗に決まるのでオススメです。

チーク(頬)

チークは血色をよく見せるためのもので、もともと血色がよい人はいれなくてもいいかもしれません☺

入れるときは、頬骨に沿って斜め上にむかってフワッとつけるといいです。

クリームチークは血色よい自然な頬に仕上がります☺️

ただしベースメイクのパウダーをはたく前がポイントです!

リップ(唇)

まずはリップバームで保湿をしましょう。

リップは、マット系よりもうるおいのあるシアー系がいいですね。

ナチュラルメイクだけど、アイメイクやアイブロウに存在感を感じていたら薄めの色を、メイクうっすいな~と感じたらちょっと濃いめの色を選ぶと全体的にまとまったメイクに仕上がると思います☺

リップメイクは基本的には、「メイクのまとめ」という位置づけでしょうか。

 

こんな感じです!人それぞれ顔のパーツや雰囲気は違うので一概には言えないですけどわたしはいつもこんなことを意識してメイクしてるよっていう感じでした~~